読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメについて

今回は、僕の唯一の趣味といっていいアニメのことを話しますね。といっても、制作側ではなく、見る側ですね。(主に好きなアニメ紹介みたいなものです)

まずは、僕の幼少期の話でも。。。

 

僕は、2000年に生まれたのですが、その頃アニメは絵も進化していったり、俗にいう燃えアニメから萌えアニメへみたいな感じの予兆のころでしたね。

僕は実家が本屋を営んでおり、そのため様々なものを目にする機会が多かったのですが、いたって普通の子でした。幼稚園のころ好きな特撮は仮面ライダー剣魔法戦隊マジレンジャー

好きなアニメは

ツバサクロニクル

カードキャプターさくら(再放送がドンピシャでした)、

わがまま☆フェアリーミルモでポン!

マーメイドメロディーぴちぴちピッチ

コロッケ!

ふしぎ星のふたご姫

ふたりはプリキュア

MAR~メルヘヴン

 

という感じのラインナップでしたね。普通の子ですね。

特に、プリキュアぴちぴちピッチふしぎ星のふたご姫メルヘヴンには多大な影響を受け、「将来の夢」と聞かれたら「門番ピエロになりたい」と言っていたそうですね。

そんな感じの子供がすくすく(背は小さいですが)育ち、小学校に入学しました。

そのときみてたアニメは

ハヤテのごとく!

おねがいマイメロディ

しゅごキャラ!

かみちゃまかりん

流されて藍蘭島

とかですかね、1つはたまたま遅くまで起きてたらやってた印象です。

兄妹に女性が多いからでしょうか、なぜか女児アニメが多いですね。この頃から変わってねーな

それでは、本題。

僕がアニメに真剣になるきっかけとなったのは、「オオカミさんと7人の仲間たち」や「ハヤテのごとく」という作品ですね。

ハヤテのごとく‼が深夜でやる、ということを親から言われ、翌日学校なので遅くに寝れない....と考えていたら「その時間に起きればいいや」となり缶コーヒーを購入。1つ飲んで寝たら、始まる1分前に起きました(確か1時24分くらい)

そしたらそのあとのアニメも見てしまったんですよね。しかし、このころ僕はガンダムSEED(金曜日にやってる再放送のやつ)が好きでそれしか印象になかった。

そして、。オオカミさんと7人の仲間たち

これは2010年、いわゆるハルヒけいおん!とかの余韻などの頃ですかね。特に意味もなく遅くまでテレビを見ていたら、なんかアニメが始まった!!と思ってみていたらこれがメチャクチャ面白い。ギャグがセンス良く、キャラも可愛い。

それまでよりも意識がハッキリしていたり、成長期だったのもあるとおもうのですが、そのとき改めて「こういうアニメってなんて言うんだろう...」と感じました。

そのとき、確かオオカミさん→HOTD→灼眼のシャナ2という神路線がやっており毎週楽しみでした。釘宮さんの存在を知ったのはここら辺ですかね

 

そこから、僕の人生は崩落していきました。。。

アニメを見て、学校に眠いながら通い、そしてアニメを見る.....そんな生活が続いた後、「バカとテストと召喚獣」に出会いました。

あまりにも面白く思い出し笑いをしすぎてクラスから少し浮きました。それまでは浮いてなかったと思うな

 

それがきっかけとなり、ラノベを買うようになったのですが、それは別の話。

 

僕の人生を変えてくれたのは、紛れもなく「オオカミさん」ですね。やはり大神涼子さんのおかげで足が好きになったもんです。

そんな感じで、今ではあるお方の影響で昔好きだった女児アニメを見るようになり、エロゲーも嗜んだりしますね。

オタクしかいないような学校に通っているのですが、周りがどう見ても「中学時代楽しめなかった奴が高校入ってイキりちらしてるけど本物のパンピーにはなれないオタク」しかいなくてヤバイです。本当にキモチワルイ。。。

誰か、真に話せる‘理解者‘よ、おらんか??

 

そんなこんなで、オオカミさんという話しても誰も理解されないアニメが好きでこうなったっていう話でした。

アニメの内容についての話を書きたかったのですが、自分のことを書いたら疲れてしまったので内容はまた今度。「このアニメのいいところ教えて!」などあれば書きます。

以上。

 

(この間聞いていたのは琉竜舞のメロディアEternal Melodiaです)

 

*追記、そのころに見てた「俺たちに翼はない」「星空に架かる橋」「祝福のカンパネラ」は僕の萌えアニメ要素に係ってきました。主に曲として